「家を買う」という大事件⑧

⑧ 

www.panda-mom.com

 ↑前回続き

 

8月末、いよいよ売買契約の日

10時指定銀行へ着きました

売主さん・不動産屋さん・司法書士さん

銀行の担当者さん

パンダ夫婦、計7名で会議室に集まりました

何が行われるかというと

 

指定銀行からパンダpapa口座へ

借入金額(3500万越)が一括で入金される←一瞬大金持ち

その後、そこから売主さんへ送金←一瞬で元通り

送金完了まで待つ待つ待つ(20分程度)

書類(建築段階などからの膨大な資料)・鍵、受取

 

こんな感じでした

待つ間は雑談したり、大人7人が沈黙したり←これキツイ

 

そして、1時間くらいで終わって、

晴れて「パンダ一家の家」になりました。

 

 

そして

その日の午後は「新居」にて

自宅の設置物の説明がありました。

 

「浴室」「エコキュート」「食洗器」→TOTOより担当者さん

「自宅キー」「その他・家について」→施工者さん

トータル1時間ほど説明をうけました。

 

でも、パソコンでも勉強でもなんでもそうですが

自分で使ったり、触ったりしないとわかりません。

使ってわからなければ聞こう~

程の軽い感じで聞きました。

 

そして、パンダpapaと2人

「新居だね」

「信じられないね」

パチパチパチ~おめでと~

なんて手放しで喜べず

「家を買ってしまった」という事実に

「頑張らなきゃ」と思った私の横で

パンダpapaはうっきうき←いつものこと。

 

まだ現実味がない私ですが

「引っ越しの恐怖」は

じわじわ私の心を犯すのです。

 

何を隠そう5回目の引越し

実家

①結婚

②離婚(シングル)

③賃貸引越し(シングル)

④賃貸引越し(シングル→再婚)

⑤戸建購入←次ココ

 

引越しの大変さは誰よりも知っています。

荷物をまとめるのはもちろん

片付けもゴミも盛りだくさん。

 

③→④の引越しは

すぐ目の前のおうちに引っ越したので

自分たちで自力で行いました。

ある意味自分たちだけだと気も楽だけど

やっぱり大変。

 

そして今回も

今の家から車で10分ほどの距離

近いよね。ということで

大きなものは別として、

今回も、小物は自分たちで移動させる事にしました。

 

*大きなものは業者に

*小物は自分たちで

*入居前に新居に必要なものを買う

 

そして、その時住んでいた不動産会社に

9月末の退去を申し入れ、

1ヶ月後の新居引越し目標に

小物を片付ける日々がスタートです。

 

 

 

以上。

読んでいただきありがとうございました!

 

 ↓ぽちっとしていただけたら泣いて喜びます

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村